ARM64でWSL2(*’▽’)

2019年9月16日

Build 18980でARM環境でもWSL2がサポートされたうんぬん

https://blogs.windows.com/windowsexperience/2019/09/11/announcing-windows-10-insider-preview-build-18980/

こ れ は!ENVY x2でもいけるんかなーとい試してみたところ…CPUが対応してませんでしたorz

Snapdragon 835では無理のようです、残念。

広告

WSLでCentOS

2019年9月16日

CentOS8、なかなか出ませんね…WSLもなんですが(毎日公式サイトを連打(をい))

出ないといえばWSLもでして、探してみるとありました(*’▽’)

CentWSL

https://github.com/yuk7/CentWSL

展開してできるCentOS.exeを実行したらそこで登録されました(笑)

C:\WSL\CentOSみたいな場所を作って移動させてから実行しましょう。

NETGEAR RAIDerをOpenJDKで動かす

2019年9月16日

RAIDar.exeが動かなくて焦っただけなんですが(;´・ω・)

OracleのJREだと意識してなくて…OpenJDKにインストーラらしいものないじゃないですか。

OpenJDK展開して「気持ちPATH通せばいいかな~」と思ったらだめで。

JAVA_HOMEですね、はいはい(あっさり起動)

WSLのFedoraを入れ直し

2019年8月17日

ストアアプリにFedoraがあるのば便利なんですが29なんですよね。
30に上げてみようとして失敗して…アンインストールしてもインストール後のセットアップでエラーになるという(;´・ω・)

しばらく諦めモードだったところ、以下のサイトにあたりまして。

Windows Subsystem for Linux ディストリビューションパッケージを手動でダウンロードする
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/wsl/install-manual

そいえば手動でもいけたなぁ(うろ覚え)。

ちょうどFedoraもあったのでリンク先から最新版そうな1.30.1にしてみました。

C:> curl.exe -L -o ubuntu-1604.appx https://github.com/WhitewaterFoundry/Fedora-Remix-for-WSL/releases/download/1.30.1/DistroLauncher-Appx_1.30.1.0_x64.appx
C:> powershell
PS> Add-AppxPackage .\DistroLauncher-Appx_1.30.1.0_x64.appx

なんと30じゃないですか(*’▽’)
日本語表示がしないのはlangpackの追加でよさげです。

$ sudo dnf install glibc-langpack-ja
$ sudo dnf update
$ echo export LANG=ja_JP.UTF-8 > .bashrc

アプリを開き直してOK。

ESXサーバを新規に

2019年7月8日

巷でRyzenが熱いですね~
たいしてお金はないんですがいい加減PRIMERGY MX130 S1/S2の筐体も替えたくなり新調することに。

どのバージョンからだったかPhenom系だとESXを更新できなくなってまして…
お試しで仮想OSを複数ぶちこんでる程度なので不満はないもののESXを更新できなくなるのは寂しい感じがしていたんです。

ざっくりスペック:
・ASRock DeskMini A300
→Ryzenの小型PCだと定番ぽい
・Ryzen 3 2200G
→A300はGPU内蔵でないと…という制限があるらしい
→同時にいくつも仮想OSあげないので4コアでいいか、という結論
・メモリ8GB×2
→動作クロックは2933でなく2666だったかな、速いのは相性がうんたらとショップで言われて
→ESX入れたあとで見たら13.94GB使えてるようです
・ディスクはNVMe 500GB
→詳細は正直わかってません(;´・ω・)
→DeskMini A300自体はあれこれ4台搭載できるようです
→足りなくなったらNASからiSCSIでディスク追加してるのでこれくらいでいいか程度

ショップでみつくろってもらったのですんなり組めて起動することろまで。
ESXのインストーラを準備してどーん!あれ?ネットワークが見えない(;´・ω・)

RealTekのドライバを組み込む必要があるんですね…どうやるねん、これ。

RealtekのNICのドライバーを組み込んだESXi 6.7のカスタムイメージを作成する
https://tech-mmmm.blogspot.com/2018/05/realteknicesxi-67.html
ありがとうございます!ありがとうございます!ありがとうございます!ありがとうございます!

やってみるとISO作ったあたりでエラーになるらしく(チェックサムエラー)そこだけすっ飛ばしにしてISOイメージゲット。
無事にインストールできました(*’▽’)

いままでHDDで動かしていたせいもあって仮想OSがかなりサクサクです。
しかもうるさくない(笑)
FANがほとんどないもんね。
これで夏を乗り切れれば御の字。

Yoga C630が出ましたね

2019年4月21日

年末に出すとかいうてたのが急に発売になりましたね。

レノボ、Snapdragon 850搭載Windows 2in1。ペン/LTE対応

さすがに毎年購入するのは辛いので来年のモデルがでたら考えます(;´・ω・)

ということでまだENVYさんのお世話にはなろうかと…

OS的にはまだx86は動くけどx64の実行環境はまだなのでそっちも進めてほしいとはおもうんですよね。やれるとことに制限がかかってる感じがして。

FirefoxはベータにARM64版があがってきたのでよかったです。年始からNightlyがあったのでちょこちょこ試してはいんたんですが…リリースまだかな~

Chrome版のEdgeはまだのようです。とりあえずx86版がCanaryにあがったようなのでインストールしてみたらあっさり動いてます。

Dev版「Microsoft Edge Insider」に初の更新 ~Canary版は32bitデバイスをサポート

あとBuild 18875からCtrl+SPACEでIMEのON/OFFが選べるように。Alt+~でも慣れてしまえばどうということはないとは思いつつ、英数と日本語のキーボードを行き来する身としてはなるたけ同じ操作ができると助かります(以前でも設定でできたんでしょうが…)。

自宅の回線を1Gbpsに

2018年9月29日

1Gbpsの工事日も過ぎたのでスピードテストを2、3やってみたら110Mbps~120Mbps程度。

あ~そうなの?と気にはしてなかったんですが友人曰く「400(Mbps)はでるで」へ?

そのあとLANケーブルやら取り換えてみたら見事400Mbpsを叩き出すように。

10年以上LANケーブルそのまんまだったからなぁ(;´・ω・)

あとルータとWiFiルータの間はリンク速度を確認する管理画面がなかったのもあって100Mbpsになのに気付かなかったというのも。

とはいってもダウンロード系のサイトで200Mbpsを見るくらいでどこまで便利になったのかは…まぁいいんですが。

IPoEルータにひかりTVを

2018年9月9日

 

OCNさんから案内をもらって「OCN v6アルファ」に

OCN for ドコモ光

 

どうせならばとひかりTV for docomoにも申し込んでみました。

ルータ交換:あっさりと完了

WAN側のアカウント設定がないのが気持ち悪いといば気持ち悪い(;´・ω・)

ドコモテレビターミナル:ちょっと問題あり

HUB経由にすると地デジ/BSの映像が乱れて見れたもんではないです

理屈がわからんのですがとりあえずルータにあるポートへ直結して解決

 

スピードテストをしてみると上り/下り共に80Mbpsが何度もでるくらいの改善ぷり

変更前はたしか50Mbps前後…

 

これは!と思ってドコモ光へ連絡してNTTさんへ確認してもらったらうちの場合、100Mbps→1Gbpsもできるそうでお願いしてみました

局舎内の工事だけで済むらしく手数料が少しでるくらいで済みました

工事はすぐではないので後のお楽しみということで

 

One Mix入手

2018年9月9日

世の中がGPD PocketやGPD Winで盛り上がってる中One Mixにしてみました。

購入先:http://welte.jp/ca7/123/p-r7-s/

先行で割引があったのも後押ししてます(今は終わってます)

 

・ここの購入先はペン付きのお値段です

・英語版Windows 10は出荷時時点で1803適用済みなのでセットアップは簡単

日本語環境のインストールをあれこれやらなくてもよさげ

・スペックはAtomなので想像におまかせします

割り切って使える人向け

メモリ8GB、ストレージ128GBなのはうれしいですよ

・底の熱はそこそこあります

・キー配置はGPDと比べてマシかと思いますがメインのキー以外はちょっとダメかも

いざとなれば縦表示にして仮想キーボードかなぁ、A~Zに場所をとっている分そこは押しやすいんですけどね

・USBポートがType-A/MicroUSB/Type-Cと豊富なのでHUBなしでUSBマウスやUSBメモリが使えるのは便利ですね

 

F-07C購入経験者としては、このサイズでもいいから通話/通信機能をなんかしら持たせてどっかの国内メーカーさんが作ってくれると嬉しいのですが(;´・ω・)

Solarisにclang

2018年9月2日

LLVMに興味があるもののgccとの違いというか便利っぷりがわかってないんですよね。

でもgccとセットで入れたがるという(*’▽’)

 

そんな感じなのでSolaris11.4にも何気にpkg installで流してみたら…入った!?

そうなんだっけかとドキュメントを見てみると

 

Oracle Solaris 11.4 Bundled Software Updates

 

なんと新規追加。

Go言語もですね(こっちは更に使い方がわからんです(汗))

 

逆にOpenStackは削除。

Solaris コンテナありますもんね(;’∀’)