LIVAのFedoraが動かなくなりました→復活

最近の猛暑で逝ったのかと思ったらそうでもなかったようです(;´・ω・)

 
 

・パッケージは自動更新を仕掛けていたのでkernelは新しいのがインストールされていた

・なにかでハングアップしたのか再起動

・新しいkernelの読み込みでエラー

画面には”vfat読めねーよ!”て。

vfat…どこに?

 
 

$ lsblk -fs

NAME FSTYPE LABEL UUID MOUNTPOINT

mmcblk1p1 vfat 7231-6C42 /boot/efi

└─mmcblk1

mmcblk1p2 ext4 f9af4d27-bdbd-4590-a124-1990715a6c05 /boot

└─mmcblk1

mmcblk1boot0

mmcblk1boot1

fedora–server-root ext4 357c3eb6-5b0c-4ae6-a129-fe62d3984d69 /

└─mmcblk1p3 LVM2_member dEauDf-PwOJ-aPmO-c8fZ-iz4D-STlo-0dAvX7

└─mmcblk1

fedora–server-swap swap e8263570-b76b-4813-8a3a-e4f612ded982 [SWAP]

└─mmcblk1p3 LVM2_member dEauDf-PwOJ-aPmO-c8fZ-iz4D-STlo-0dAvX7

└─mmcblk1

fedora–server-home ext4 a3f5e2e0-06a1-424f-8dad-5c955e68473b /home

└─mmcblk1p3 LVM2_member dEauDf-PwOJ-aPmO-c8fZ-iz4D-STlo-0dAvX7

└─mmcblk1

fedora–server-docker–poolmeta

└─mmcblk1p3 LVM2_member dEauDf-PwOJ-aPmO-c8fZ-iz4D-STlo-0dAvX7

└─mmcblk1

 
 

あ…UEFIか(ようやっと思い出してきた)。

実際はGRUB2から”ls (hd0,gpt2)”とか入れて探してたんですよ。

 
 

とりあえず更新前のkernelで起動してみようと

set root=(lvm/fedora–server-root)

linuxefi(hd0,gpt2)/vmlinux-4.17.6-200.fc.28.x86_64 root=/dev/mapper/fedora–server-root rhgb quiet

initefi (hd0,gpt2)/initramfs-4.17.6-200.fc28.x86_64.img

boot

とりゃー(やっぱりダメ)

 
 

インストーラーを用意してレスキューモードをやってみると普通にmountできる(なんのさ…

諦めてOS再インストールに踏み切ったんですがどうもうまくいかないというか、同じところでアウト。

この辺でNAS(cifs)にも接続できないことにも気づきまして。

 
 

あれこれやってみてるうちに”モジュールがないだけじゃ(;´・ω・)”ということに。

modprobe cifs

modprobe vfat

 
 

あ、復活した(*’▽’)

なんでしょうね…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。