ENVYx2の開発環境て

たまに調べてみてもたいした情報がないんですよね。

 

〇Cygwin/MinGW

x86なら動くのでARMネイティブなのは無理にしても実行ファイルはできます。

あんま嬉しくない(;´・ω・)

binutilsからビルドしてみようかとconfigureを動かしてみたところ、armだとwinceという組み合わせはあったんですがこれだと動く可能性が低そうな気がしました。

 

〇Ubuntu+MinGW

Window 10 ProにすることでWSLを用意できるのでUbuntu上からMinGWを整えることができます。

結果は上と一緒でx86なら…という結果に。

 

〇LLVM

よくわからんですorz

 

〇Visual Studio

よくわからんですorz

 

もうちょっと本体の数がでたら事情がかわるかなぁ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。